英語学習を始めたばかりの人が観るべきTED動画 8選~あなたの人生をきっと変えるであろう8つのTED動画~

2012年08月03日 News Articles, TED.

この記事ではTEDを教材として使いたいと考えている人のために、それぞれの教材がどういう内容になっているのかを紹介します。気になる・気に入ったTEDを使って英語学習をしてください。

TED動画を紹介する前に

TEDを聴きこんで分かったのは、「従来の英語教材よりもTEDの方がずっと面白い」って事です。もし私が英文読解の学習を基礎からしなければならないとしたら今ならTED動画を使って英文読解の学習を行います。

ここで言う従来の英語教材というのは例えば、”速読速聴・英単語Core 1900  “や”速読英単語 必修編 “の事です。

TEDは話し手が”本気”なんですよ。本気で相手に何かを伝えようと話している人ばかり。だからニュース記事を朗読しているだけの従来の教材と違って、そこに”感動”があります。

“感動”があるからこそ学んでいて楽しいのだなと思いました。教材としてまとめる過程で改めて聞き込み、そして私自身何度も”感動”しました。ですのでTED教材の制作は楽しい作業でした。

なお全てのTED教材には「TEDの本文」「本文の日本語訳(もしくは日本語があるウェブサイトへのリンク)」「単語帳」「mp3のダウンロード先」の情報が有り、教材として使うのに必要な情報を全てまとめています。

勉強方法についてはこちらの記事を参考にしてください>(TED教材の学習方法)世界最高峰の講演、TEDを使った英語学習方法の紹介

そしてまた、「英語勉強のため」というだけでなく「TED自体(動画の内容自体)が面白い」ので、英語勉強をしていない人にも是非お勧めのTEDを紹介してあげてください。人気の動画はほとんど全てに日本語の字幕がつけられています。

この記事で紹介するTED動画一覧

(1) スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学での伝説の講演

(2) ジェイ・ウォーカーが語る世界の英語熱

(3) マット・カッツの30日間チャレンジ

(4) デレク・シヴァーズ 「目標は人に言わずにおこう」

(5) デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」

(6) リック・エリアス:不時着事故から学んだ三つのこと

(7) マーク・ベゾス:ボランティア消防士が語る人生の教え

(8) ジュリア・スウィーニの談話

 

 

(1) スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学での伝説の講演

もはや説明の必要がないくらいに有名な動画。教科書にも掲載された伝説のスピーチ。説明しなくてもその凄さは分かりますよね。

それほどまでに有名な動画ですが、英語原文でその演説を聞いて理解した人は少ないのではないでしょうか。

日本語に訳すことなく、スティーブ・ジョブズの生の言葉を理解して聴きこんでみましょう。スティーブ・ジョブズの肉声をそのままに演説を理解できるのって最高ですよ!、ということでこの動画を教材に選びました。

おそらく多くの人は講演音声をそのまま聞いてもチンプンカンプンでしょうから、この教材を使って英文テキストを見ながらジョブスの音声を理解してください。テキストを見ながらだとそれなりに理解出来るので聞いていて楽しくなりますよ。

(2) ジェイ・ウォーカーが語る世界の英語熱

英語学習者に最初に勧めたいTED動画。この動画を見れば英語はもはや米英に押し付けられるものではなく、世界の問題を解決するために使われる共通の言語になりつつあることが分かります。

英語を学ぶことでどれだけ多くの機会が得られるようになるのかを、熱烈に英語を学ぶ中国の学習者達の生き様から感じてください。中国人の英語学習風景は”驚き”の一言です。

 

 

(3) マット・カッツの30日間チャレンジ

コンピューターマニアから活動的なアウトドア人間になった一人のオタクのお話。

もし今の自分を変えたいのなら「30日間」だけ新しいことに挑戦すれば良い。そうすれば自分を変えることが出来る。この「30日間」の試みが一人のオタクを変えてしまいました。

英語学習はとても多くの挫折者が出るものです。でもまずは30日だけ頑張ってみてください。そうすればきっと人生を変えることが出来ますから。あなたが30日間頑張れるように、この動画を教材に選びました。

(4) デレク・シヴァーズ 「目標は人に言わずにおこう」

何か大きな目標を決めてもそれを人に言ってはいけません。決して!

大きな目標を立てた人でその目標を他人に語っちゃダメです。語ってしまうとそれだけで満足してしまうのです。満足しちゃダメなんです。

私もこの動画を見てから目標を具体的に言ったり、公言するのを控えることにしました。この動画を観た多くの人がそうするようになります。

英語学習も壮大な目標を掲げてそれだけで満足してしまっている人が多いです。私はこれまでにそういう人たちを本当にたくさん見てきました。そんな目標を立てるだけで満足する人になってほしくないので、この動画を教材として選びました。

 

(5) デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」

変化を起こすのはリーダーだけじゃない、リーダーに付いていく人も大事!大きな変化は、最初の一人のバカを認める人がいて起こる!

鳩山元首相も言及したことがあるもの凄く有名な動画です。わずか3分間のスピーチですが、最初から最後まで”本気”です。そしてリーダーに慣れない多くの人々に勇気を与えてくれる動画です。

こんなにも”本気”の素晴らしい動画を使って英語を学べたら楽しいだろうな思い、この動画を教材として選びました。

 

(6) リック・エリアス:不時着事故から学んだ三つのこと

不時着事故から生還した一人の父親が語った人生で本当に大切にしたいこと。

311を体験した私には特に身にしみた動画でした。「もしあなたの命が今日終わってしまったとしたら、あなたは何が心残りですか?」この問いについて真摯に考えさせられる動画です。

1日1日を大切にしてほしい、そう思ってこの動画を教材として選びました。

 

(7) マーク・ベゾス:ボランティア消防士が語る人生の教え

立派で褒められることを毎日できるわけじゃないけれど、隣人の心を幸せにすることは毎日できる。ボランティア消防士が語るちょっと笑えて、そして勇気をもらえる動画。

「ボランティア消防士」という日本人にとってはあまり馴染みのない副業をしているベソスのスピーチ、なぜ彼はこんなに話すのが上手なんだろう。彼の巧みな語り口に笑わせてもらいました。

私達は毎日毎日何か感動的な事が出来る訳じゃない。でも、少しの勇気と心遣いで自分の周りにいる人達を少しだけ幸せにすることが出来る。このことを知ってもらいたいと思い、この動画を教材として選びました。

 

(8) ジュリア・スウィーニの談話

私がこれまで観たTEDの中で最も笑った動画。未見の人は絶対観た方が良いですよ!

語り口は速いし、使われている単語は教科書でも日常会話でもほとんど見かけない単語だけどあえて教材として採用しました。それはなぜかというと、面白かったからです!

英語という言語は無味乾燥なものではなく、こんなにも楽しいものだと知ってもらうのにこれほど良い動画はないだろうと思い、この動画を教材として選びました。

 

 

終わりに

TED教材の紹介動画紹介は以上になります。ここで紹介した素晴らしい動画は全て教材として使えるようにリンク先にまとめられているので、気になる動画についてそれぞれリンク先をご確認ください。

また今後もTED動画の教材は追加していきます。もし採用してほしいTED動画がありましたらこちらまで連絡をお願いします。

以上です。是非ワクワクして、笑って、しんみりとして、泣いて、つまり感動しながら!英語学習をしてください。

 【連絡】ラングリッチは以下のTwitterとFacebookページで英語学習のヤル気を高める情報やオンライン英会話、フィリピンへの語学留学に関わるお役立ち情報を発信しています。英語学習に関心のある方は「フォロー」と「いいね!」をお願いします。

Twitter公式アカウント @LR_STARS

Facebookページ ラングリッチ (Langrich)  公式ページ