★★★TED Lesson / Simon Sinek: How great leaders inspire action, Lesson4 (サイモン シネック: 優れたリーダーはどうやって行動を促すか)

2012年08月05日 ★★★, entertainment, TED.

TED Simon Sinek: How great leaders inspire action

About This Talk

Simon Sinek has a simple but powerful model for inspirational leadership all starting with a golden circle and the question “Why?” His examples include Apple, Martin Luther King, and the Wright brothers …

*There is a word list below the script. The list includes blue colored words which are in the script.

*This is the fourth lesson of the Simon Sinek speech. Lesson 1 is here. Lesson2 is here. Lesson 3 is here.

この動画について

サイモン シネックがシンプルで強力なモデルを使って周りを動かすリーダーシップについて説明します。全てはゴールデンサークルと「何のために」という質問から始ま ります。成功例として、アップルやマーチン・ルーサー・キング、ライト兄弟を取り上げ、失敗例として (最近の勝訴で株価が3倍になったものの) 苦難の続く TiVo を取り上げます。

復習用音源

MP3ファイル 音源であるmp3に直接リンクが貼られています。右クリックをしてファイルを保存してください。※音質が5分過ぎまで悪いですが、それ以降は明瞭になります。

日本語訳はこの記事の最後にあります。また、日本語訳の下に単語帳(WORDS)があります。本文で青文字となっている単語がまとまっています。

※この記事はラングリッチのオンラインレッスン向けのテキストです。

※この教材はレッスン1教材レッスン2教材レッスン3教材の続きになります。レッスン1レッスン2レッスン3が終わっていない方はそちらを確認ください。

TEDを使った勉強法はこちらの記事、“世界最高峰の講演、TEDを使った英語学習方法の紹介”にまとめてありますので参考にしてください。そしてもし良かったらこの記事をきっかけにフィリピン人とのオンライン英会話に挑戦してみてください。ラングリッチの無料レッスンの申し込みはこちらです。

 

Lesson4 Script(Video Time 15:16 ~ 18:00)

We divided the speech into the 4 lessons. This is the fourth lesson of the Simon Sinek speech.

(18) Now let me give you a successful example of the law of diffusion of innovation. In the summer of 1963, 250,000 people showed up on the mall in Washington to hear Dr. King speak. They sent out no invitations, and there was no website to check the date. How do you do that? Well, Dr. King wasn’t the only man in America who was a great orator. He wasn’t the only man in America who suffered in a pre-civil rights America. In fact, some of his ideas were bad. But he had a gift. He didn’t go around telling people what needed to change in America. He went around and told people what he believed. “I believe, I believe, I believe,” he told people. And people who believed what he believed took his cause, and they made it their own, and they told people. And some of those people created structures to get the word out to even more people. And lo and behold, 250,000 people showed up on the right day at the right time to hear him speak.

(19) How many of them showed up for him? Zero. They showed up for themselves. It’s what they believed about America that got them to travel in a bus for eight hours to stand in the sun in Washington in the middle of August. It’s what they believed, and it wasn’t about black versus white: 25 percent of the audience was white. Dr. King believed that there are two types of laws in this world: those that are made by a higher authority and those that are made by man. And not until all the laws that are made by man are consistent with the laws that are made by the higher authority will we live in a just world. It just so happened that the Civil Rights Movement was the perfect thing to help him bring his cause to life. We followed, not for him, but for ourselves. And, by the way, he gave the “I have a dream” speech, not the “I have a plan” speech.

(Laughter)

(20) Listen to politicians now, with their comprehensive 12-point plans. They’re not inspiring anybody. Because there are leaders and there are those who lead. Leaders hold a position of power or authority, but those who lead inspire us. Whether they’re individuals or organizations, we follow those who lead, not because we have to, but because we want to. We follow those who lead, not for them, but for ourselves. And it’s those who start with “why” that have the ability to inspire those around them or find others who inspire them.

Thank you very much.

(Applause)

 

Let’s talk about the article base on the questions below.

Viewpoints or discussion

  1. In your country, is there someone like Dr. King? What is the person like? If you can’t answer, you may ask your teacher.
  2. Why do you think people came from all around America to listen to Dr. King?
  3. Do you think you have the ability to lead? Why or why not?

 

WORDS

(18) show ˈup (informal) to arrive where you have arranged to meet sb or do sth:

mall noun. A street lined with shops and closed to vehicles. ; noun. A shady public walk or promenade.

send sth↔ˈout, 1 to send sth to a lot of different people or places:

go around (to … ) to visit sb or a place that is near:

structure /ˈstrʌktʃə(r)/ 3 [U, C] the state of being well organized or planned with all the parts linked together;

authority /ᴐːˈѲɒrəti/ noun (pl. ―ies) ‣ORGANIZATION 4 [C, usually pl.] the people or an organization who have the power to make decisions or who have a particular area of responsibility in a country or region:

consistent /kənˈsɪstənt/ adj. 1 (approving) always behaving in the same way, or having the same opinions, standards, etc.:

(20) comprehensive /ˌkɒmprɪˈhensɪv/ adj.1 including all, or almost all, the items, details, facts, information, etc., that may be concerned

 

日本語訳

(18) 今度は イノベーションの普及の法則が うまく行った例を見てみましょう 1963 年の夏のこと 25万人もの人が集まって ワシントンの通りを埋め尽くし キング師の演説に耳を傾けました 招待状が送られたわけではなく 日にちを告知するウェブサイトもなく どうやったのでしょう キング師だけが偉大な 演説家というわけではありませんでした 市民権運動以前のアメリカで彼だけが 苦しんでいたわけではありませんでした 実際 彼のアイデアのなかにはひどいものもありました でも彼には才能がありました 彼はアメリカを変えるために何が必要かなどを説かず 彼は自分が信じることを語ったのです 「私は信じている 信じている 信じている」 と語りました 彼が信じることを信じた人々が 彼の動機を自らの動機とし 他の人にも伝えたのです さらに多くの人々に伝えるため 組織を作った人もいました そして なんとまぁ 25万人が集まったのです その日 その時に 彼の話を聴くために

(19) その中でキング師のために集まった人は何人いたでしょう ゼロです みんな自分自身のために集まったのです 彼ら自身がアメリカに対して信じることのために 8時間バスに揺られてやってきて 8月のワシントンの炎天の下に集まったのです 自分が信じることのためです 白人と黒人の対立ではありません 聴衆の 25 パーセントは 白人だったのです キング師は この世界には 2種類の法があると信じていました 神によって作られた法と 人によって作られた法です そして人が作った法がすべて 神の法と整合するまでは 世が公正になることはないと信じていました 市民権運動はたまたま 彼の人生の目的を果たす上で 完璧な追い風でした 人々がついて行ったのは彼のためではなく自分自身のためでした その中で 「私には夢がある」という演説をしたのです 「私にはプランがある」という演説ではありません

(笑)

(20) 現代の政治家の12項目の総合計画と比べてください 誰かを動かすものではありません リーダーと 導く人は違います リーダーというのは 権威や権力の座にある人です でも導く人というのは 皆を動かすのです 個人であれ組織であれ 我々が導く人に従うのは そうしなければならないからではなく そうしたいからです 導く人に従うのは 彼らのためでなく 自分自身のためです そして「なぜ」から始める人が 周りの人を動かし さらに周りを動かす人を見出せる 力を持つのです

どうもありがとうございました

(拍手)
【連絡】ラングリッチは以下のTwitterとFacebookページで英語学習のヤル気を高める情報やオンライン英会話、フィリピンへの語学留学に関わるお役立ち情報を発信しています。英語学習に関心のある方は「フォロー」と「いいね!」をお願いします。

Twitter公式アカウント @LR_STARS

Facebookページ ラングリッチ (Langrich)  公式ページ

Tags: ,